10月26日(月)放送による生徒会朝礼

PA260001.JPG

PA260002.JPG

PA260003.JPG

PA260005.JPG

 10月27日から始まる読書週間について、図書委員長からお話がありました。

「皆さん、秋と言ったら、どんな言葉が浮かびますか?『食欲の秋』『スポーツの秋』、そして『読書の秋』ではないでしょうか。
 本をどんどん読んでください。皆さんは図書室をどれくらい利用していますか?毎日来る人、試験前にだけ来る人、もしかしたら、ほとんど図書室を利用したことがない人もいるかもしれません。図書室を利用する目的は、人それぞれです。読書・勉強・レポート作成等、色々あると思います。今日は、読書について、少しお話ししてみます。
 どんどん本を読んでみませんか?私は子供の頃から読書が好きで、ひたすら本ばかり読んでいました。今は、とりあえず、毎月10冊を目標にしていますが、諸処の理由であまり読めず、年間100冊読めたらいいかなあと思っています。今は、本を購入するお小遣いも少ないので、学校と地域の図書館をよく利用しています。中学生になり、自分の好きな読書の傾向が、確立された気がします。ですから、ワクワクしながら手当たり次第に読んでいます。読書は純粋に、楽しい・面白いことだと思います。思わず頭の中で絶叫した本、号泣した本、心が温かくなった本、面白すぎて止められなくて、夜中の3時まで、一心不乱に読み続けた本、色々あります。もちろん、そのようなものばかりではなく、読むことが、まるで苦行としか思えないものもあるかもしれません。しかし、そのような本を読むことも、きっと、何らかなプラスになると思います。
 本なんてほとんど読まない、という人もいるでしょう。ちょっと、もったいないかなと感じます。映画やドラマの原作本、ライトノベル、好きな芸能人が勧めていた本、話題の本・・何でもいいと思います。少しずつでも、本を読んでみてはいかがでしょうか。スポーツとは違った、読書だけが持つ、楽しさというものを感じられるのではないでしょうか。もっと、気軽に本に触れてほしいと思います。ゲームやネットの方が、よっぽど暇つぶしできる、という意見もあるでしょうが。
 そして、本をよく借りて読む人、カウンターで処理していると、借りていくのは、、やはり日本人の人気作家の本が多いように感じます。是非、海外の作家の本も読んでみるのも、お勧めです。
 図書室に、もっともっと皆さんが来てくれるように、毎日、昼休みにお待ちしています。ありがとうございました。」

更新日:2020年10月26日 10:49:42